2007年04月04日

キレイな腸は病気知らず





には100種類、100兆個の腸内細菌が住みついています。

その中には善玉菌といわれる有用菌と悪玉菌といわれるカラダに害をおよぼす菌があります。

内の環境は、これらのバランスにより保たれています。

ところが、食生活の偏りや乱れなどによって悪玉菌が優勢になり、腸内環境が悪化すると下痢便秘といった症状だけでなく、の免疫システムの崩壊につながります。

腸内環境は乳酸菌や食物せんいにより改善しますが、アガリクスやラクトフェリン内の免疫システムを直接刺激するため、より全身の免疫を調整する働きが高まることも知られています。





禁煙テクニック(技術)は、学習によってのみ獲得できる















posted by kusuriyasan at 12:00 | 免疫力・自然治癒力
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。