2007年04月05日

頭痛、肌荒れ、吹き出物、疲労、下半身太り、倦怠感やめまいなどの症状は、便秘、宿便が原因

便秘や宿便が肌やカラダに悪い理由







大腸に停滞している食べ物のカスや不消化物、腸壁の汚れなどは毒素を発生し、体内に吸収されてしまいます。

また人間の腸の中の温度は一般的に37度あるといわれており、その腸内には食べ物のカスや不消化物、腸壁の汚れが停滞しています。

つまり、非常に暑い真夏の中で、あなたの体内に生ごみが放置されていることと全く同じことなのです。

そして、その放置された生ゴミから毒素や有毒ガスが発生し、血液に回ってあらゆるカラダの機能を低下させるのです。

その結果、手足のむくみ、頭痛、肌荒れ、吹き出物、疲労、下半身太り、倦怠感やめまいなどの症状に悩まされるようになります。





PR











 



 



 


posted by kusuriyasan at 19:00 |

免疫力の低下の原因(4)老化






免疫力も年とともに低下する







免疫力は10代をピークに弱ってしまい、60歳代では赤ちゃんの時の免疫力くらいまで低下してしまいます。







そのため若い人に比べ、高齢者では同じかぜでも悪化して肺炎まで発病してしまうことがあります。







また、老化が進むとガンや病気になりやすく、それだけカラダを守る防御力が低下している証拠です。







この「免疫力=防御力」の低下の原因となる老化を遅らせることがとても重要です。







漢方などの東洋医学では、この老化を防ぐために“補腎”という概念で示され、漢方薬などを服用することで防ぐことができると考えています。










今週の重賞情報を公開中

携帯で今すぐメルマガ登録!

グローバルリサーチ











posted by kusuriyasan at 12:00 | 免疫力・自然治癒力

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。