2007年04月02日

免疫力の低下の原因(2)からだの歪み

ストレスや不規則な生活だけでなく、
「一度大きな病気をしたことがある」
「病気が長引いている」など、
カラダに大きな負担をかけるとカラダ本来の正常な働きがくずれます。

病気がちになる」というのは、ストレスや過去の病気などの負担がカラダにかかって、次々にカラダの正常な働きがくずれた状態なのです。

当然、免疫力歪みが生じるため、正常な働きができなくなり、自分自身に向かって免疫細胞が攻撃するリウマチなどの自己免疫疾患やガン細胞を見分ける力の低下によって起こる、ガンなどの病気の発生をまねきます。





人生に悔いの残らない健康投資をおすすめします。


















posted by kusuriyasan at 12:00 | 免疫力・自然治癒力

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。